フリーランスの攻略本

千葉県のコワーキングスペースFlatとは?オーナー花泉さんをインタビュー!

「千葉県で毎日集中できる作業場はないかな?」「楽しいイベントを通して人と出会いたい」

といった気持ちを持っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、千葉県の新松戸駅より歩いて10分ほどのところにあるコワーキングスペースFlatを取材しました。

ご夫婦で運営されており、毎月のようにイベントも盛りだくさん。ただの「作業場」でなく、誰でも溶け込める温かいコミュニティのような印象のコワーキングスペースです。

オーナーの花泉さんが込めた想いを尋ねてきました。

コワーキングスペースFlat

千葉県の松戸市新松戸にある「ふらっと気軽に立ち寄れるコミュニティ型ワーキングスペース&シェアキッチン」。地域密着の施設を目指しており、単なる作業スペースとしての役割だけでなく、シェアオフィスとして登記に使えたり、貸しロッカーがあったりと、コワーキングスペースの枠に収まらない役割を果たしている。夜はバーとしてお酒を楽しめるスペースにもなる*など、幅広いユーザーに愛されている。

*お酒は夜に限らずいつでもご提供しています

コワーキングスペースFlatの基本情報

項目内容
住所〒270-0034 千葉県松戸市新松戸3丁目289 Sbc第一ビル 2階
営業時間【平日】
9時~18時:時間貸しのコワーキングスペース、
18時~21時:ワンドリンク制
【土日祝】
11時~21時までカフェ・バー営業
コーヒー1杯からコワーキングスペースが終日利用可能
料金500円/hから
(詳細はこちら

コワーキングスペースとして使えるだけでなく、平日夜や休日にお酒を楽しめたり、イベントスペースとしても利用できたりします。

キッチンを貸し出して「1日カフェ店長」もできるそうで、「お客さんがやりたいこと」であればできる範囲で対応してもらえる雰囲気のコワーキングスペースです。

コワーキングスペースFlatを作った理由・込められた思いとは?

Flatで行われたワークショップイベントの様子。お酒のセミナー、落語、マジックショーなど、毎月様々なイベントが行われている。

Q. コワーキングスペースFlatを作られた理由を教えてください!

コワーキングスペースFlat

当初(開業前)は、都心一極集中という仕事環境を改善したいという思いがありました。

郊外の空き店舗などを有効活用して、自宅から徒歩圏内で快適に働ける場所を提供したいなと。コロナ禍が契機にもなりましたね。

ーー(編集部)自宅の近くに仕事場があると、楽だし効率も良いですよね!

Q. コワーキングスペースFlatの特徴を教えてください!

コワーキングスペースFlat

自宅の徒歩圏内に仕事のオンオフの切り替えができる環境があり、充実したライフワークバランスを感じてもらうため、自宅近くに仕事に集中できる環境を構築し、帰りがけには、一杯飲めるバーカウンターを用意。
また、ドロップイン(一時利用)で適宜利用できる形や会員制で常時利用可能なフレシキブルな対応を行っております。

ーー(編集部)コミュニティ型のコワーキングスペースで、キッチンが使えたり、シェアオフィスとして登記に使えたり、貸しロッカーがあったり、夜はお酒を楽しめたり、イベントまで…。かなり盛りだくさんですよね!

コワーキングスペースFlat

そうですね、オープンから1年間くらいかけて、お客様のニーズを取り込みつつ成長したという感じです。

何かイベントを主催したい方はお声がけください。場所の提供だけではなく、集客も一緒にお手伝いします。チャレンジする方を応援したいので!

コワーキングスペースFlatのこれからについて

落語イベントの様子。小上がりを利用している。

Q. コワーキングスペースFlatはどのような人が利用していますか?

コワーキングスペースFlat

特に老若男女問わずですね。開業前のペルソナは、在宅勤務の都心通勤の会社員を想定していました。実際は、会社員や学生、フリーランスや主婦など幅広く地域の皆さまにご利用頂いております。

ーー(編集部)色々な人に愛されているんですね!

Q. 今後コワーキングスペースFlatをどうしていきたいと思っていますか?

コワーキングスペースFlat

いろんな場所にFlatのような場があれば面白いなと思っております。全国津々浦々、自宅近くに快適に働ける環境を提供できればと考えていますので、今はモデルケースを作っている感じです。やる気のある方の支援もしていければと考えてます。

ーー(編集部)コワーキングスペースFlatの取り組みが、色々な県で広がっていけば面白いですね!

編集後記

コワーキングスペースFlatを取材して感じたのは、「温かさ」でした。

豊富なイベントはもちろん、夜にはバーに変わるため「仕事終わりに一杯やってから帰る」といったこともできる。

利用している人にとって、仕事に集中できる空間でありながら、第二の家のような役割も果たしているような気がししました。

私の家の近くにもこんな場所が欲しい。そう思えるような、素敵なコワーキングスペースでした。

聞き手:中川悟志(「フリーランスの攻略本」編集長)

ユニークキャリア株式会社、取締役COO。1995年生まれ。京都大学大学院を修了後、半導体メーカーに技術者として就職。8ヶ月後に退職し、フリーランスライターに。メディアディレクターを経て、2022年2月よりユニークキャリア株式会社取締役。2,500万円での事業売却実績がある。また、大学院在籍中に執筆した論文が、Review of Scientific Instrumentsに掲載されている(詳細はこちら)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。