枚方コワーキングSHINCRUは閉業しました

本気でおすすめするフリーランスの仕事一覧34職種【需要増・未経験から儲かる】

「フリーランスで稼ぐためにはどんな職種を選べばいい?」
「未経験からでもフリーランスを目指せる仕事ってある?」

フリーランスってよく聞くけれど、実際はどんな仕事をして稼いでいるのかわからない。

「未経験でもOK」って書いてあるサイトを見たけど本当にフリーランスとして稼げるの?

と疑問に思ったあなた。

フリーランスに向いてる仕事が気になってネットで調べても、

結局どれが自分に合うのかわからない人も多いのではないでしょうか。

フリーランスを目指すならどの仕事を選べばいいのかもっとわかりやすくしてほしい。

というあなたに、この記事では本気でおすすめするフリーランスの仕事をご紹介。

結論から言うと、未経験からフリーランスを目指して安定して高収入を得たいなら、

エンジニア職種で転職して現場経験を3年以上積んで独立を目指すのが最適でしょう。

合わせて、フリーランスとしてどのようにステップアップしていけばいいのか、

フリーランスの業界構造についても解説します。

この記事を読めば、フリーランスを目指す仕事を探し回る手間を省けること間違いありません。

3行でわかるおすすめのフリーランスの仕事まとめ
  1. 未経験から始められて将来性もある仕事はエンジニア職種
  2. 現場職からマネジメント側にステップアップで収入UP
  3. フリーランスを目指すならまずは実務経験が必須
無料でプログラミングスクールに通える

1.フリーランスの業界構造

「Webライティングってよく聞くし、未経験の自分でも始められそう」

「フリーランスとして成功して自由に働いていきたい」

と思ってフリーランスを目指そうと考え始めた人も多いのではないでしょうか。

結論、フリーランスを軽い気持ちで目指している人には向いていません。

フリーランスとして稼いでいくためには地道な努力し続け、

身の回りのことを全て自分で管理する必要があるからです。

また、何となくフリーランスを目指してやみくもに努力しても、

将来性がない職種や応用の効かないスキルを身につけてしまって後悔することも

そこで、本気でフリーランスとして稼いでいきたいと考えている人は

フリーランスの業界構造を理解しておくことをおすすめします。

フリーランスの業界構造

フリーランス業界は画像のように3つのレイヤーに分けられます。

よく広告などで「未経験からOK」と紹介されているのは、最下層の「誰でもできる仕事」

言葉の通り、労働集約型の職種は誰でもできるので稀少性が低く

未経験でも少し時間をかければできるようになる仕事が多いため、得られる収入も低いです。

「自分にしかできない仕事」の、アウトプットに応用が効いているエンジニア職種などは、

できる人が少ないため高単価案件の受注が可能。

フリーランスとして、自分のコストを下げながら収入をさらにUPさせていきたい人は、

最上位のマネジメントレイヤーを見据えてスキルを身につけていきましょう

マネジメントレイヤーになるためには、現場の実務経験を積む必要があるので、

会社員として3年ほどの実務経験をしてマネジメント業務の経験は欠かせません。

フリーランスの業界構造の3つの特徴
  1. 労働集約型の職種からマネジメントレイヤーを目指して収入UP
  2. キャリアアップを見据えてマネジメントスキルを身につけよう
  3. 経験ゼロから始めるならエンジニア職種がおすすめ

2.フリーランスの仕事おすすめランキング【未経験ならIT・エンジニア系がおすすめ】

フリーランスのおすすめの仕事6ジャンル
  1. IT・エンジニア系
  2. ディレクター・コンサルタント系
  3. マーケティング系
  4. ライター系
  5. クリエイター系
  6. 接客系

フリーランスの仕事として主にあげられるのは、以上の6つの職種です。

AIやICTが発達してきている今、将来性があり実務経験を積めば高収入を狙える

未経験からフリーランスを始めるならIT・エンジニア系の仕事がダントツでおすすめ

反対に、カウンセラーや占い師などでフリーランスを目指すのはおすすめしません

個人のスキルに依存するため、安定した収入を得にくい上に、収入UPも難しいです。

好きなことや得意なことを生かす、安定して高収入を得るなど、

自分の目的に合わせてフリーランスを目指しましょう。

将来性や稼ぎやすさ、仕事内容なども合わせて紹介するので、

きっと、自分に合う仕事を見つけられるきっかけになるはずです。

3.IT・エンジニア系

IT・エンジニア職種6選
  1. AIエンジニア
  2. インフラエンジニア
  3. システムエンジニア
  4. IoTエンジニア
  5. ブロックチェーンエンジニア
  6. Webエンジニア
職種仕事内容年収必要なスキルおすすめ資格
AIエンジニアビジネス上の課題を解決するAIの開発を担当550〜1000万円基本的なプログラミングスキルに加えて、PythonG検定
E検定
Pythonエンジニア認定
データ分析試験
画像処理エンジニア検定
統計検定
ITパスポート
AI実装検定
インフラエンジニアソフトウェアやシステムが動作する基盤を設計・構築・運用保守450〜600万円それぞれの分野に関する知識・スキル基本情報技術者試験応用情報技術者
データベーススペシャリスト
ネットワークスペシャリスト試験
情報処理安全確保支援士試験
システムエンジニアシステムやソフトウェアを設計・開発400〜600万円プログラマーのみプログラミングスキル業務知識・設計スキルエンデッド+組み込みの知識基本情報技術者
試験応用情報技術者試験
プロジェクトマネージャ試験
データベーススペシャリスト試験
エンベデッドシステムスペシャリスト試験
システム監査技術者試験
IoTエンジニア家電や工場の機械など、様々なモノをインターネットに接続して連携するIoTシステムを設計・構築500万円〜ハードウェアの知識IoT検定
IoTシステム技術検定
エンデベットシステムスペシャリスト試験
ブロックチェーンエンジニアブロックチェーンを作成し、データベースの一部を共有することで、データ連携を容易にし、セキュリティの向上も行う500〜800万C /C++言語、JavaScript、Solidity、Go言語ブロックチェーンに関する専門知識暗号通貨技能検定
ブロックチェーン技能検定
WebエンジニアWebサイトやWebアプリの設計や開発300万~600万円HTML,CSS,JavaScriptJava,PHP,RubyなどITパスポート基本情報技術者
応用情報技術者
PHP5技術者認定試験
HTML5プロフェッショナル認定資格
IT・エンジニア職種一覧

これからフリーランスを目指す人におすすめの仕事は、IT・エンジニア職種です。

ある程度の時間や労力は必要ですが、必要なプログラミングスキルを身につければ、

安定的に収入を得ることができるので、諦めなければ失敗はすることはありません

独学でスキルを身につけることもできますが、ゼロから確実にスキルアップを目指すなら、

スクールに通い、転職して3年ほど実務経験を積んでから独立を目指しましょう。

1年ほどの実務経験を積めば、フリーランスとしての案件はありますが、

案件の幅が限られてしまうので副業として引き受けつつ、3年は会社員として働くのが最善です。

一言にエンジニアと言っても、種類が多いので将来性や稼ぎやすさなどを考慮して

ランキングで紹介したので、ぜひ参考にしてみてください。

①AIエンジニア

仕事内容AIの開発を担当するエンジニアビジネス上で求められる課題を、AIの専門知識や技術によって解決する役割
推定年収550~1000万円(平均559.3万円)
必要なスキル基本的なプログラミングスキルに加えて、Python
おすすめ資格G検定/E検定/Pythonエンジニア認定データ分析試験/画像処理エンジニア検定/統計検定/ITパスポート/AI実装検定

AIエンジニアは、エンジニアの中でも将来性が高くもっともおすすめの職種です、

今後もAIの需要がさらに高まっていくことが予想される上に、稀少な存在であることから、

未経験なら、AIエンジニアを見据えてスキルを身につけていくこともおすすめ。

AIエンジニアを目指すならプログラミング言語の中でもPythonが求められるので、

スクールに通って習得後、転職して実務経験を積んで独立するのが最短ルートでしょう。

②インフラエンジニア

仕事内容ソフトウェアやシステムが動作する基盤を設計・構築・運用保守する仕事
エンジニアサーバーエンジニア:サーバー、仮想環境の設計・構築・運用保守
ネットワークエンジニア:ネットワークの設計・構築・運用保守
データベースエンジニア:データベースの設計・構築・運用保守
セキュリティエンジニア:セキュリティ管理システムの設計・構築・運用保守
クラウドエンジニア:クラウドサービスを使ったインフラの設計・構築・運用保守
推定年収サーバーエンジニア:466.7万円
ネットワークエンジニア:460.6万
データベースエンジニア:489.1万
セキュリティエンジニア:489.1万
クラウドエンジニア:576万
必要なスキルそれぞれの分野に関する知識・スキル
おすすめ資格基本情報技術者試験応用情報技術者/データベーススペシャリスト/ネットワークスペシャリスト試験/報処理安全確保支援士試験

インフラエンジニアとは、IT系システムの基盤となる部分を設計・構築・管理する役割。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • クラウドエンジニア

インフラエンジニアには、上記のような職種が含まれており、

インターネットには欠かせない存在となっています。

今後もインターネット需要は高まっていくため、将来性もある職種といえるでしょう。

3年以上は会社員として実務経験を積み、副業から案件を引き受けるのがおすすめ。

③システムエンジニア

仕事内容システムやソフトウェアを設計・開発するエンジニア
システムエンジニア:業務システムの設計・開発
アプリケーションエンジニア:アプリケーションの開発・設計
エンデッドエンジニア:組み込みソフトウェアの開発・設計
プログラマー:システム・ソフトウェアの開発
推定年収システムエンジニア:551万円
アプリケーションエンジニア:450.5万円
エンデッドエンジニア:416万円
プログラマー:509.6万円
必要なスキルプログラマーのみプログラミングスキル/業務知識・設計スキルエンデッド+組み込みの知識
おすすめ資格基本情報技術者試験/応用情報技術者試験/プロジェクトマネージャ試験/データベーススペシャリスト試験/エンベデッドシステムスペシャリスト試験/システム監査技術者試験

システムエンジニアは、顧客の要望をヒアリングした上でニーズに合うシステムの設計を行います。

  • システムエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • エンデッドエンジニア
  • プログラマー

システムエンジニアにも、上記4つの仕事が含まれており、

上位層エンジニアの設計を元にプログラミングを行うプログラマーから始めて、

実務経験を3年以上積んで、マネジメントレイヤーへスキルアップを目指すのもよいでしょう。

顧客のニーズをヒアリングすることもあるため、コミュニケーション能力も求められます

④IoTエンジニア

仕事内容家電や工場の機械など、さまざまなモノをインターネットに接続して連携するIoTシステムを設計・構築するエンジニア
推定年収511.9万円
必要なスキル基本のプログラミングスキルに加えて、ハードウェアの知識
おすすめ資格IoT検定/IoTシステム技術検定/エンデベットシステムスペシャリスト試験

IoTエンジニアの仕事内容は多岐に渡り、基本のプログラミングスキルに加えて、

取り扱うハードウェアの専門知識も必要とされます。

専門性が高いため、未経験から始めるハードルは高いですが、

IoTなどのハードウェアにも興味がある人にはおすすめの職種。

IoTエンジニアでフリーランスを目指す人も、まず3年以上は実務経験を積みましょう。

⑤ブロックチェーンエンジニア

仕事内容ブロックと呼ばれるデータ単位をネットワークでつなぎ、データベースの一部を共有、データ連携を容易にし、セキュリティも向上
推定年収500〜800万円
必要なスキルC /C++言語/JavaScript/Solidity/Go言語ブロックチェーンに関する専門知識
おすすめ資格暗号通貨技能検定/ブロックチェーン技能検定

ブロックチェーンとは、「分散型台帳技術」という分散型のデータベース技術のこと。

電子決済などの金融分野使用されることが多く、

最近ではアプリケーションでも多く使用されるようになってきて需要が高まってきています。

ブロックチェーンに関する専門知識が求められるので、

フリーランスとして独立する際には資格を取得しておくと安心。

安定した高収入を目指すなら、5年以上は現場でアピールできる実績・経験を積みましょう。

⑥Webエンジニア

仕事内容WebサイトやWebアプリの設計や開発を行うエンジニア
フロントエンドエンジニア:ユーザーが操作する画面の設計・開発
バックエンドエンジニア:ユーザーの操作に応じた処理を設計・開発
推定年収フロントエンドエンジニア:561万円
バックエンドエンジニア:300万~600万円
必要なスキルフロントエンドエンジニア:HTML、CSS、JavaScript、Java
バックエンドエンジニア:Linux、PHP、Perl、Python、Rubyなど
あると良い資格ITパスポート/基本情報技術者/応用情報技術者/PHP5技術者認定試験/HTML5プロフェッショナル認定資格

Webエンジニアは、Webサイトのユーザーが目にする部分を担当するフロントエンジニアと、

Webサイトなどで入力された情報を処理するシステムを開発するバックエンドエンジニアに分けられます。

両者で必要なプログラミングスキルも変わってくるので、

やってみたい業務を考えながらスキルを身につけていく必要があるでしょう。

経験1年でも、個人で引き受けられる案件もありますが、低単価の案件しか受注できません

安定した高収入を得たいなら、3〜5年は実務経験を積むのが一般的です。

4.ディレクター・コンサルタント系

ディレクター・コンサルタント職種6選
  1. PM・PMO
  2. ITコンサルタント
  3. デバッガー
  4. Webディレクター
  5. 編集者
職種仕事内容年収必要なスキルおすすめ資格
PM・PMOPM:プロジェクトの管理を行う
PMO:プロジェクトマネジメントの支援を行う
610万円プロジェクトマネジメントの知識文章力・ドキュメント作成コミュニケーションスキルプロジェクトマネージャ試験
ITストラテジスト試験
応用情報技術者試験
PMP試験
プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格
PMOスペシャリスト™認定資格
ITコンサルタント・新しいテクノロジーを活用した経営戦略策定
・CRM/ERP/SCMの導入
・業務やシステムの設計、開発及びテストなどのマネジメント
610万円論理的思考能力
コミュニケーション能力
ITに関する高度な知識
問題解決能力
プロジェクトマネージャー試験
PMP試験
ITコーディネーター試験
中小企業診断士試験
ITストラテジスト試験
デバッガー開発途中のゲームやアプリの動作チェック500万円プログラミング
プロジェクトマネジメントツール
さまざまなゲームに精通していること
C++、C言語、CGデザイン
MOS試験
ITパスポート
IT検証技術者認定試験
JSTQB認定テスト技術者資格
WebディレクターPM(プロジェクトマネージャー)と同行でクライアントの課題や要望をヒアリングした内容を踏まえてWebサイトを設計・完成するまでの進行管理や、品質管理500万円マーケティングスキル
マネジメントスキル
コミュニケーション能力
Webディレクション検定
Webクリエイター能力認定試験
ウェブデザイン技能検定
マーケティング・ビジネス実務検定®
ネットマーケティング検定
Webライティング能力検定
Google アナリティクス個人認定資格
ウェブ解析士認定講座
編集者・コンテンツのアイデア立案
・クリエイター管理
430~520万円会社での実務経験、実績校正技能検定
DTPエキスパート認証試験
Webライティング能力検定
ウェブデザイン技能検定
アドビ認定アソシエイト
ディレクター・コンサルタント職種一覧

次にフリーランスの仕事でおすすめなのが、ディレクター・コンサルタント系です。

これは、フリーランスの業界構造における最上位層のマネジメントレイヤーにあたる職種。

そのため、専門的な知識やスキルも必要となってきますが、

マネジメント経験が豊富であれば、収入がゼロになることはありません。

未経験からいきなりフリーランスとして収入を得られないので、まずは

会社員として実務経験を積み、マネジメント側での実績を積んでスキルアップをしましょう。

現場経験に加えて、マネジメント経験の実績を重視されるので、

将来のキャリアをイメージしながら必要な経験を積んでいくことが大切です。

①PM・PMO

仕事内容PM:プロジェクトの管理を行うPMO:プロジェクトマネジメントの支援を行う
推定年収610万円
必要なスキルプロジェクトマネジメントの知識文章力・ドキュメント作成コミュニケーションスキル
おすすめ資格プロジェクトマネージャ試験/ITストラテジスト試験/応用情報技術者試験/PMP試験/プロジェクトマネジメント・アソシエイト認定資格/PMOスペシャリスト™認定資格

PMは、企業などのプロジェクトをトップで指揮・監督することでマネジメントし、

期限内に求められる成果をあげる役割を担います。

PMO、つまりプロジェクトプロジェクトマネジメントオフィス(Project Management Office)は、

プロジェクトマネジメントの支援を行う役割。

未経験者は転職してSEとして実務経験を積み、プロジェクトリーダー、

そしてプロジェクトマネージャーとしての経験を合わせて3年以上は積むことが一般的でしょう。

資格を取得することで、クライアントから信頼が得やすく高単価案件にも繋がります。

②ITコンサルタント

仕事内容・新しいテクノロジーを活用した経営戦略策定
・CRM/ERP/SCMの導入
・業務やシステムの設計、開発及びテストなどのマネジメント
推定年収610万円
必要なスキル論理的思考能力/コミュニケーション能力/ITに関する高度な知識/問題解決能力
おすすめ資格プロジェクトマネージャー試験/PMP試験/ITコーディネーター試験/中小企業診断士試験/ITストラテジスト試験

ITコンサルタントは、業務に必要なシステムの設計と構築の支援のみ行うこともあれば、

システムを活用した戦略策定までかかわることもあります。

コンサルティングには専門的な知識や論理的思考力が必要不可欠。

ITコンサルタントとしてフリーランスを目指すなら、ITに関する高度な知識に加えて

3年以上の実務経験や資格があれば、案件をもらいやすくなるでしょう。

③デバッガー

仕事内容開発途中のゲームやアプリの動作チェック
推定年収約500万円
必要なスキルプログラミング/プロジェクトマネジメントツール/さまざまなゲームに精通していること/C++、C言語、CGデザイン
おすすめ資格MOS試験/ITパスポート/IT検証技術者認定試験/JSTQB認定テスト技術者資格

デバッガーは、開発中のゲームやアプリが正常に動作するか、バグがないかを確認・調整する仕事。

ゲームを扱うので、プログラミングスキルに加えて、ゲームに関する幅広い知識が求められます。

プロジェクトのマネジメントを求められることもあるので、

会社でプロジェクトマネージャーとしての3年以上の経験を積んでから独立しましょう。

④Webディレクター

仕事内容PM(プロジェクトマネージャー)と同行でクライアントの課題や要望をヒアリングした内容を踏まえてWebサイトを設計・完成するまでの進行管理や、品質管理
推定年収約500万円
必要なスキルマーケティングマネジメントコミュニケーション能力
おすすめ資格Webディレクション検定/Webクリエイター能力認定試験/ウェブデザイン技能検定/マーケティング・ビジネス実務検定®/ネットマーケティング検定/Webライティング能力検定/Google アナリティクス個人認定資格/ウェブ解析士認定講座

Webディレクターは、プロジェクトマネージャーとクライアントとの打ち合わせに参加し、

ヒアリングを踏まえて、Webサイトが完成するまでの進行管理や、品質管理を行います。

会社員のようにオフィスに常駐しながら仕事を進めるのが一般的なので、

自由に勤務時間や作業場所を選びにくいこともあることを知っておきましょう。

Webディレクターとして、1〜2年程度の実務経験があると案件を引き受けやすくなります。

⑤編集者

仕事内容・コンテンツのアイデア立案
・クリエイター管理
推定年収430~520万円
必要なスキル会社での実務経験、実績
おすすめ資格校正技能検定/DTPエキスパート認証試験/Webライティング能力検定/ウェブデザイン技能検定/アドビ認定アソシエイト

編集者は、雑誌や小説、電子書籍などの書籍の企画・制作を行う仕事です。

実力が求められる編集者も、すぐにフリーランスとして働くことできません。

多くの人が読みたいと思えるような書籍を制作できるかどうかが重要なので、

編集者としての実力を証明できるように会社での実務経験が不可欠。

出版社などに就職して、現場で3年以上は実務経験を積み、実績を積むことで

クライアントの信頼を獲得目指しましょう。

5.マーケティング系

マーケティング職種6選
  1. データサイエンティスト
  2. Webマーケター
  3. 広告運用マーケター
  4. SNSマーケター
  5. ブロガー・アフェリエイター
職種仕事内容年収必要なスキルおすすめ資格
データサイエンティスト・ビッグデータの収集・加工・分析・分析結果をもとに課題解決のための施策・立案840万円プログラミングスキル情報科学系の知恵を理解し使う力データサイエンスを実装・運用する力ビッグデータの収集・加工・分析基本情報技術者試験データベーススペシャリスト試験データ解析士(実務教育研究所)統計検定(日本統計学会)OSS-DB技術者認定試験Python3エンジニア認定データ分析試験(Pythonエンジニア育成推進協会)Professional Data EngineerAWS認定データアナリティクス
Webマーケターオウンドメディアの運用や記事作成、メールマーケティング、SEOマーケティングなど300〜500万円Web・リスティング広告運用スキルWebアナリスト検定Internet Marketing Analyst(IMA)検定ウェブ解析士認定ネットマーケティング検定Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)Google広告の認定資格
広告運用マーケターWeb・リスティング広告運用代行300〜500万円Web・リスティング広告運用スキルWebアナリスト検定Internet Marketing Analyst(IMA)検定ウェブ解析士認定ネットマーケティング検定Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)Google広告の認定資格
SNSマーケターSNS運用設計・代行300〜500万円SNS運用スキルウェブ解析士認定ITパスポートマーケティング・ビジネス実務検定SNSエキスパート検定
ブロガー・アフェリエイターブログ運営、アフェリエイトプロブロガー:360万SEO対策・SNS運用スキル、プログラミングスキル特になし
マーケティング職種一覧

次に紹介したいのは、マーケティング系の職種です。

商品の品質が高くなった最近は、マーケティングが注目されており、マーケ職種の人気も上昇

企業内部でマーケティング部を確保している場合もあれば、業務委託している企業もあります。

実務経験があったとしても、高単価の案件は受けにくくなっているので、

スキルを証明できるような実績を身につけるため広告代理店などでスキルを磨きましょう。

①データサイエンティスト

仕事内容・ビッグデータの収集・加工・分析・分析結果をもとに課題解決のための施策・立案
推定年収840万円
必要なスキルプログラミングスキル情報処理・人工知能・統計学などの情報科学系の知恵を理解し使う力課題背景を理解してビジネス課題を整理・解決に導く力データサイエンスを意味のある形として扱えるようにして実装・運用する力ビッグデータの収集・加工・分析
おすすめ資格基本情報技術者試験/データベーススペシャリスト試験/データ解析士/統計検定/OSS-DB技術者認定試験(LPI-Japan)/Python3エンジニア認定データ分析試験(Pythonエンジニア育成推進協会)/Professional Data Engineer(Google)/AWS認定データアナリティクス(Amazon)

データサイエンティストは、ビジネス上の課題を解決するために、

ビッグデータの収集や加工、分析を行い、分析結果をもとに課題解決の施策・立案も行います。

ビッグデータを扱うのでプログラミングスキルに加えて、情報科学系の専門知識も必要

未経験からデータサイエンティストを目指すなら、

スクールで勉強してから転職して3年以上の実務経験を積みましょう。

②Webマーケター

仕事内容オウンドメディアの運用や記事作成、メールマーケティング、SEOマーケティング
推定年収300〜500万円
必要なスキルSEO対策
おすすめ資格Webアナリスト検定/Internet Marketing Analyst検定/ウェブ解析士認定/ネットマーケティング検定/Googleアナリティクス個人認定資格/Google広告の認定資格

Webマーケターは、Webサイトの運用やメール・SEOマーケティングなどを行います。

フリーランスを目指すのであれば、会社でWebマーケターとして3年程度の実務経験を積みましょう。

マネジメント側など自分のスキルで成果を上げられれば実績と評価され案件がなくなる心配もありません。

副業から始められるので、会社員として働きながら副業でクライアントを開拓しておくのが賢いですね。

③広告運用マーケター

仕事内容Web・リスティング広告運用代行
推定年収300〜500万円
必要なスキルWeb・リスティング広告運用スキル
おすすめ資格Webアナリスト検定/Internet Marketing Analyst検定/ウェブ解析士認定/ネットマーケティング検定/Googleアナリティクス個人認定資格/Google広告の認定資格

広告運用マーケターは、Web上のリスティング広告やディスプレイ広告などの運用代行を行う仕事。

いくつかの広告を比較してどの広告が効果的か分析・最適化する力が求められます。

広告運用に関する知識やスキルが求められるので、会社で3年以上の実務経験を積みましょう。

単価の高い案件を受けるためには、スキルを証明できる資格や実績を身につけることが必要です。

④SNSマーケター

仕事内容SNS運用設計・代行
推定年収300〜500万円
必要なスキルSNS運用スキル
おすすめ資格ウェブ解析士認定/ITパスポート/マーケティング・ビジネス実務検定/SNSエキスパート検定

SNSマーケターは、クライアントのTwitterやInstagramなどのSNSアカウントの運用代行を行います。

初期段階から関わる際には、ペルソナ設定などの設計から携わることも。

SNSマーケターは、誰が見ても評価できる実績がないと案件がもらえません。

個人のSNS運用を行ったり、会社で実績を残したりしてアピール材料を集め

周りと差をつけることで収入UPを目指していきましょう。

⑤ブロガー・アフェリエイター

仕事内容ブログ運営、アフェリエイト
推定年収プロブロガーになれば、約360万円
必要なスキルSEO対策・SNS運用スキル、プログラミングスキル
おすすめ資格特になし

自らブログやWebサイトを運営して、アフェリエイトで収入を得るのが、ブロガー・アフェリエイターです。

「ブログで月収100万円」というような記事を見かけて、目指す人も多いかもしれません。

でも実際ブログやアフェリエイトで稼げている人は、ほんのひと握り。

月収5万円稼ぐだけでもかなりのコストがかかり、その後の収入も不安定です。

趣味程度でやってみたい人であれば問題ありませんが、

フリーランスとして稼ぎたい人は、まず会社で働きながら副業として始めましょう。

6.ライター系

ライター職種6選
  1. 翻訳家
  2. ジャーナリスト
  3. コピーライター
  4. Webライター
  5. 小説・脚本家
職種仕事内容年収必要なスキルおすすめ資格
翻訳家文芸、研究論文、映像作品などに使われている外国語の文章を日本語に訳す400〜450万円語学力
専門性
翻訳力
調査力
文化理解力
PCスキル
JTA公認翻訳専門職資格基礎試験
JTA公認翻訳専門職資格試験
JTFほんやく検定文芸翻訳検定
ジャーナリストニュースや話題を追いかけて報道や解説、批評、時には写真撮影も一緒に行う300万円取材力
文章力
先を見通したり分析したりする能力
活動範囲によっては英語力
特になし
コピーライター広告を中心に雑誌や商品などのコピーを考える0〜500万円言葉のセンス
ヒアリング能力
インプット能力
特になし
WebライターWebメディアなどの記事執筆260~550万円ライティングスキル
SEO対策
WEBライティング技能検定
WEBライター検定
Webライティング能力検定
SEO検定ビジネス著作権検定
ネットマーケティング検定
小説・脚本家・小説執筆・映画やテレビドラマ、ゲームや演劇の脚本執筆450万円文章・物語構成力
脚本力
洞察力・想像力
執筆分野の深い知識
特になし
ライター職種一覧

気軽に始められるフリーランスの仕事として人気なのが、ライター系の職種です。

ライター系の職種は主に文章を書くことがメインなので、未経験から始める人も少なくありません。

時間をかければある程度のクオリティのものを作ることができる一方で、

誰でもできる仕事でもあるので単価は低く、高収入は目指しにくい

文章を書くのが好き、言葉のセンスを磨きたい人などは副業から始めてみましょう。

①翻訳家

仕事内容文芸、研究論文、映像作品などに使われている外国語の文章を日本語に訳す
推定年収400〜450万円
必要なスキル語学力/専門性/翻訳力/調査力/文化理解力/PCスキル
おすすめ資格JTA公認翻訳専門職資格基礎試験/JTA公認翻訳専門職資格試験/JTFほんやく検定/文芸翻訳検定

翻訳家は、文芸などの書籍、映像作品などに使われている外国語の文章を日本語に訳す仕事です。

資格などでスキルを証明しやすいので、ライター職種の中では収入が安定しやすい傾向。

文芸翻訳、実務翻訳、映像翻訳の3つのジャンルに分かれていて、

それぞれで語学力のほかに、高い専門性やリサーチ力も欠かせません。

翻訳家を目指すなら、資格を取得して3年以上は現場経験を積んでスキルアップを目指しましょう。

②ジャーナリスト

仕事内容ニュースや話題を追いかけて報道や解説、批評、時には写真撮影も一緒に行う
推定年収300万円
必要なスキル取材力、文章力/先を見通したり分析したりする能力/活動範囲によっては英語力
おすすめ資格特になし

ジャーナリストは、取材したニュースを新聞などのマスメディアに報道記事を寄稿する仕事です。

現在では、自ら発信元となって取材・執筆・発信を1人で行う人も存在。

独自の視点や話題選びのセンスが求められるので、安定した収入を得るのは難しいでしょう。

フリージャーナリストになるには、まず新聞や雑誌の出版社でジャーナリストとして、

十数年以上の実務経験と実績が必要といわれています。

③コピーライター

仕事内容広告を中心に雑誌や商品などのコピーを考える
推定年収0〜500万円
必要なスキル言葉のセンス/ヒアリング能力/インプット能力
おすすめ資格特になし

コピーライターは、ポスターや雑誌などの広告を中心にコピーを考える仕事です。

キャッチコピーを考えるだけでなく、クライアントのヒアリングをもとに

デザイナーなどと連携して企画コンセプトの考案も行う場合も。

実務経験の年数より、高い言葉のセンスや実績が必要でフリーランスで稼ぐのは難しいですが、

実績が認められれば高年収を狙うのも不可能ではありません。

④Webライター

仕事内容Webメディアなどの記事執筆
推定年収260~550万円
必要なスキルライティングスキル/SEO対策
おすすめ資格WEBライティング技能検定/WEBライター検定/Webライティング能力検定/SEO検定/ビジネス著作権検定/ネットマーケティング検定

Webライターの仕事は、主にWebメディアなどの記事執筆を行う役割を担います。

記事執筆は、未経験からでも始めやすいので副業で始める人も少なくありません。

その一方で、誰でもできる仕事なので、安定した高い収入を得るのは難しいでしょう。

高単価案件の多いWebディレクターなどのマネジメントレイヤーを見据えて、

3年以上は現場経験を積んでキャリアアップを目指のが最善です。

⑤小説・脚本家

仕事内容小説執筆/映画やテレビドラマ、ゲームや演劇の脚本執筆
推定年収450万円
必要なスキル文章・物語構成力/脚本力/洞察力・想像力/執筆分野の深い知識
おすすめ資格特になし

小説・脚本家は、その名の通り小説執筆や映画や演劇などの脚本執筆を行います。

フリーランスとして稼いでいくためには、非常に高いセンスが必要。

始めたての頃は収入がほぼゼロの状態もあり、安定した収入は得られません

根気強く文章を書き続けられる文章好きな人は、副業からコツコツ始めてみましょう。

7.クリエイター系

クリエイター職種6選
  1. グラフィックデザイナー
  2. Webデザイナー
  3. 動画編集者
  4. カメラマン
  5. イラストレーター
職種仕事内容年収必要なスキルおすすめ資格
グラフィックデザイナー印刷物のデザイン400万円レイアウトやフォントなどのデザインスキル
グラフィックソフトやDTPソフトを扱うスキル
営業スキル
Illustratorクリエイター能力認定試験
Photoshopクリエイター能力認定試験
色彩検定
DTPエキスパート認定試験
WebデザイナーWeb制作のデザイン担当350万円グラフィックソフトスキル(Photoshop、Illustrator)
コーディングスキル
デザインスキル
コミュニケーション能力
マーケティング知識
ウェブデザイン技能検定
カラーコーディネーター検定試験
Webクリエイター能力認定試験
Illustratorクリエイター能力認定試験
Photoshopクリエイター能力認定試験
動画編集者動画を編集する360万円企画・撮影スキル
動画編集スキル
動画マーケティング
CGクリエイター検定
画像処理検定色彩検定
カメラマン写真を撮影・編集する360万円被写体に関する知識機材や撮影に関する知識特になし
イラストレーター本や雑誌、Webサイトなどに使用されるイラストを描く100万未満も約300万デッサン力画材やソフトを使いこなす能力
独自性
コミュニケーション力
アドビ認定エキスパート
Illustratorクリエイター能力認定試験
Photoshopクリエイター能力認定試験
色彩検定
CGクリエイター検定
クリエイター職種一覧

クリエイター系の職種はフリーランスを目指す人が多い職種です。

特にイラストレーターやフォトグラファー、動画編集者などは、憧れる人も多く、

未経験から始めやすいのでフリーランスでも稼げるイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、クリエイター系の職種でフリーランスとして稼ぐのは簡単ではありません。

案件の単価が比較的安かったり、引き受けられる案件の数にもばらつきがあるため、

クリエイター系フリーランスは安定した収入を得にくく、最初は年収100万円未満のことも

クリエイティブなことが好きで本気でフリーランスを目指すのであれば、

会社員として3年は実務経験を積み、副業として個人で案件を受注できるようにしていきましょう

①グラフィックデザイナー

仕事内容印刷物のデザイン
推定年収400万円
必要なスキルレイアウトやフォントなどのデザインスキル/グラフィックソフトやDTPソフトを扱うスキル
おすすめ資格Illustratorクリエイター能力認定試験/Photoshopクリエイター能力認定試験/色彩検定/DTPエキスパート認定試験

グラフィックデザイナーとは、雑誌や新聞の広告、フライヤー・リーフレットなどの紙媒体や

Webサイトに載せるグラフィックをデザインするのが仕事です。

クライアントは企業であることが多く実績で判断されやすいので、

フリーランスを目指すのであれば、会社で実務経験を3年以上して独立を目指しましょう。

会社員としての年収は300〜400万円なので、副業から始めてみて

独立後の年収が300万円以上になる予想ができてから独立を考えれば安心。

②Webデザイナー

仕事内容Web制作のデザイン担当
推定年収​​350万円
必要なスキルグラフィックソフトスキル(Photoshop、Illustrator)/コーディングスキルデザインスキル/コミュニケーション能力/マーケティング知識
おすすめ資格ウェブデザイン技能検定/カラーコーディネーター検定試験/Webクリエイター能力認定試験/Illustratorクリエイター能力認定試験/Photoshopクリエイター能力認定試験

Webデザイナーは、クライアントの依頼を受けてWebサイトやコンテンツをデザインする仕事。

コーディングスキルがあったり、UI/UXデザインの案件を引き受けたりできると高単価になります。

独学で始めるのも可能ですが、安定した収入を確保できるようになりたい場合は、

Webデザイナーとして会社で働き、3年ほど実務経験を積んでから独立を目指しましょう。

③動画編集者

仕事内容動画を編集する
推定年収360万円
必要なスキル企画・撮影スキル/動画編集スキル/動画マーケティング
おすすめ資格CGクリエイター検定/画像処理検定/色彩検定

動画編集者は、その名の通り撮影された映像や音声素材などを編集して動画を作成する仕事です。

最近では、身近に動画編集を始められる動画編集ソフトが主流になってきたので、

動画編集で稼ごうと思っている人も少なくありません。

フリーランスの動画編集者を目指すなら、スクールなどで映像に関する知識とスキルを学び、

動画編集者として転職して実務経験を1年以上積んでから独立する人が大半でしょう。

④カメラマン

仕事内容写真を撮影・編集する
推定年収360万円
必要なスキル被写体に関する知識機材や撮影に関する知識
おすすめ資格特になし

カメラマンは、写真や動画を撮影・加工するのが仕事です。

カメラマンの世界は、年齢や実務経験の年数はほとんど関係なく実力主義社会。

実力主義といっても、一定レベルのスキルは求められるので、

会社でカメラマンとして働いて、高単価案件に触れながら知識やスキルを身につけましょう

⑤イラストレーター

仕事内容本や雑誌、Webサイトなどに使用されるイラストを描く
推定年収100万未満も約300万
必要なスキルデッサン力画材やソフトを使いこなす能力/独自性/コミュニケーション力
おすすめ資格アシスタントとしてデザインについて学びながら仕事を手伝う
グラフィックデザイナーとして経験を積む

イラストレーターとは、クライアントから依頼されたイラストを描くのが仕事です。

パソコンで画像の加工などの処理を行うことがほとんどなので、

画像処理に必要なソフトに関する知識は幅広く身につけておく必要があるでしょう。

イラストレーターとして今すぐに独立するのはほぼ不可能なので。

ベテランイラストレーターのアシスタントとして2〜3年はイラストについて学ぶのがおすすめ。

最初は年収100万円を切ることもあるので、根気強く続けて独自スタイルの確立を目指しましょう。

8.接客系

営業職種6選
  1. 美容師
  2. スポーツインストラクター
  3. セミナー講師
  4. カウンセラー
  5. 占い師
職種仕事内容年収必要なスキルおすすめ資格
美容師特定のサロンに所属せず雇用契約も結ばずに働く美容師100〜500万円800万円以上のことも技術力
集客力
顧客管理能力
美容師免許
スポーツインストラクタースポーツジムなどで利用者に適切な運動の指導を行う300万円コミュニケーション能力
個人に合わせた指導力
食事や生活習慣に関する専門知識
運動能力
スポーツ指導基礎資格
スポーツプログラマー
アスレティックトレーナー
健康運動指導士
セミナー講師専門分野におけるセミナーを開いて講義を行う300万円特定の分野における専門知識
コミュニケーション力
プレゼン力
専門分野について学び続ける能力
特になし
カウンセラーメンタルヘルスに問題を抱える人のカウンセリングを行い、サポートする100〜500万円1,000万円以上のことも傾聴力
共感力
分析力
カウンセリングに関する専門的知識
公認心理士
臨床心理士
産業カウンセラー心理
カウンセラー資格
占い師相談者の悩みを解決する100〜200万円勉強し続けられる力
豊富な人生経験
会話力
心理カウンセラー資格
コーチング
接客職種一覧

フリーランスの中でも、未経験から目指せるイメージの強い職業が接客業です。

セミナー講師やカウンセラー、占い師などの仕事をしている人の中には、

高い収入を稼いでいる人もいるため、接客業でフリーランスを夢みる人も多いでしょう。

しかし結論から言うと、接客業でフリーランスを目指すのはあまりおすすめしません

未経験から始められたとしても、個人の能力や営業力などに大きく左右されるので、

生活できるほどの収入を安定して得るのは非常に難しいです。

それでも接客業でフリーランスを目指したい人は、職種ごとの専門スキルに加えて、

営業力やPR力、高いコミュニケーション力を身につけましょう。

①美容師

仕事内容特定のサロンに所属せず雇用契約も結ばずに働く美容師
推定年収100〜500万円
必要なスキル技術力集客力/顧客管/理能力
おすすめ資格美容師免許(必須)

フリーランス美容師は、サロンに雇用される会社員ではなく個人事業主として働く美容師のこと。

フリーランスになると、サロンで働くよりもお客様1人当たりの売上の取り分が高くなります。

そのため、固定のお客様が多い美容師であれば、フリーランスの方が高収入を目指せるでしょう。

その一方で、集客や売上管理、ブランディングなどたくさんの業務を1人でしなくてはいけません。

フリーランスを目指すなら、サロンでスタイリストとして3年以上は経験を積むことから始めましょう

②スポーツインストラクター

仕事内容スポーツジムなどで利用者に適切な運動の指導を行う
推定年収300万円
必要なスキルコミュニケーション能力/個人に合わせた指導力/食事や生活習慣に関する専門知識運動能力
おすすめ資格スポーツ指導基礎資格/スポーツプログラマー/アスレティックトレーナー/健康運動指導士

フリーランスとして働くスポーツインストラクターは、

ジムのレッスンを受け持ったり、パーソナルトレーナーとして活動したりすることが多いです。

未経験からいきなりフリーランスとして独立するのはかなり難しいでしょう。

実務経験を積んでいても、フリーランスで安定した収入を得るのは容易ではありません。

3年以上はスポーツジムで働き、資格取得をしたり、実績を積みファン獲得を目指しましょう

③セミナー講師

仕事内容専門分野におけるセミナーを開いて講義を行う
推定年収300万円
必要なスキル特定の分野における専門知識/コミュニケ​​ーション力/プレゼン力/専門分野について学び続ける能力
おすすめ資格特になし

セミナー講師は、自身の専門分野のセミナーを開催して参加者に講義を行います。

自分の興味分野のことを人前で話すだけで稼げると思う人もいるかもしれませんが、

簡単に安定して稼げるような職業ではありません

会社員として働いて実務経験を積む中で、多くの人が求める自分だけの経験を積みましょう。

いきなり独立するのではなく、会社員として働きながら副業としてセミナーを開催して、

少しずつ案件を獲得し安定して依頼を受けられるよう集客力を身につけましょう。

④カウンセラー

仕事内容メンタルヘルスに問題を抱える人のカウンセリングを行い、サポートする
推定年収100〜500万円
必要なスキル傾聴力/共感力/分析力/カウンセリングに関する専門的知識
おすすめ資格公認心理士/臨床心理士/産業カウンセラー/心理カウンセラー資格

カウンセラーでフリーランスとして働く人は、業務委託契約で医療・教育機関で勤務する人が大半。

カウンセラーを目指すなら、臨床心理士や産業カウンセラーなどの資格取得を目指しましょう。

自分でカウンセリングルームを開設する人もいますが、

自ら集客をして顧客を獲得する必要があるので安定した収入を得たい人には不向き

一対一のカウンセリングだけでなく、セミナーや社員研修の講師をする人もいるので、

まずはカウンセラーとして会社で勤務しながら自分に合うスタイルを見つけましょう。

⑤占い師

仕事内容相談者の悩みを解決する
推定年収100〜200万円
必要なスキル勉強し続けられる力/豊富な人生経験/会話力
おすすめ資格心理カウンセラー資格/コーチング

占い師でフリーランスになるのは誰でも可能です。

しかし、独立したからといって収入を得られるわけではありません

占いは顧客からの信頼が非常に大切なので、良い口コミを広げるために、

まずは案件をたくさん引き受けて実績を地道に積んでいきましょう。

収入は安定させるのは難しいので、まずは趣味や副業程度で始める人がほとんどです。

9.フリーランス未経験はどうすればいいか?【実務経験を積む】

フリーランスという働き方をする人が増えた今、未経験から目指す人も多いのではないでしょうか。

結論、未経験からいきなりフリーランスになるのはほぼ不可能です。

本気でフリーランスで安定して稼いでいきたい人はほとんどの場合、実務経験が必須

そこで、未経験からフリーランスを目指す人におすすめのステップを3つ紹介します。

この記事ではエンジニアとしてフリーランスを目指すステップを紹介。

あなたのスキルや目標に合わせて、自分に合うステップを見つけてみてください。

①実務経験をつける

フリーランスを未経験から目指す人は、まず実務経験を積むことから始めましょう。

紹介した職種の中で特にこだわりがなく、安定して収入を得たいならエンジニア職がおすすめ。

最近では、未経験でもエンジニアとして就職して実務経験が積める会社もあります。

会社に就職して最低3年はエンジニアとして実務経験を積み

プロジェクトマネージャーなどのマネジメント側へのキャリアアップを目指しましょう

②スクールに通う

スキルなしの就職が不安なら、スクールでスキルを身につけてから転職しましょう。

最近では、プログラミングを学べるだけでなく、就職先の紹介も行ってくれるスクールも急増。

おすすめは、無料でプログラミングを学べて転職サポートまでしてくれるプログラマカレッジ

お金をかけずに未経験からエンジニアでのフリーランスを目指したい人は、要チェックです。

無料でプログラミングスクールに通える

③クラウドソーシングで実績を積む

すでに、プログラミングスキルがあったり会社員として働いていたりする人は、

クラウドソーシングで案件を受注し、副業から始めてみましょう。

クラウドソーシングを活用して実績を積んで、クライアントを獲得できれば、

フリーランスになってからも安定して案件を依頼してもらえやすくなります。

会社員のうちから、人脈を広げてクライアントを増やしておきましょう

10.まとめ【自分の興味のある分野で副業から始めてみよう】

未経験からフリーランスになるのは簡単なことではありません。

安定した収入が得られるようになるためには、それ相応の努力や時間が必要です。

いきなりフリーランスになるのではなく、会社員として働きながら、

フリーランスを目指したい興味のある分野で副業をすることから始めましょう。

最低3年以上の実務経験が、どの分野でも大抵求められます。

会社員として現場で実務経験を積み、マネジメント側へのキャリアアップを目指しましょう。

①おすすめエージェント一覧【副業から始めよう】

副業を始めようと思っても、どうやって案件を見つければいいかわからない人もいるはず。

そこで、副業を始めたい人にエージェントを5つ紹介します。

  1. Workshipエンジニアやライターなど幅広い分野でおすすめ】
  2. プロの副業ディレクター・コンサルタント分野でおすすめ】
  3. CARRY ME広告・マーケティング分野でおすすめ】
  4. ワースタ副業初心者におすすめ】
  5. 複業クラウド高単価を狙いたい人におすすめ】

副業エージェントに関して詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてください。

副業エージェント19社からあなたにピッタリのサイトを見つける

②タイプ別おすすめの仕事一覧【興味のある分野から始めよう】

最後に、どの職種でフリーランスを目指せばいいかわからない人におすすめの仕事を紹介。

  1. エンジニア系【とにかく安定して高収入を得たい人】
  2. マーケティング系【数字と向き合い、分析するのが得意な人】
  3. ライター系【文章を書くのが得意な人】
  4. クリエイター系【デザインなどクリエイティブなことをしたい人】

フリーランスになると、高いスキルや実績が求められます。

実務経験が必須となるので、興味があり得意な分野でなければ、長続きしません

本気でフリーランスを目指すなら、地道に努力をして安定して収入を得られるように、

会社員として最低3年は現場経験を積み、副業から始めてみましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です