フリーランスの攻略本

【暴露】WEBライターに将来性はあるのか?3ヶ月続けてみた結果!

Webライターの仕事って将来性あるのかな?

AIがいずれ、Webライターの仕事を代替しそう

特別な才能がないと、稼げないんじゃないの?

近年、話題になってきているフリーランスの仕事。

特に始めやすいのが、特別なスキルが必要ないWEBライター。

あなたは、WEBライターになってみたいものの、

将来性がなさそう。本当に仕事として成り立つの?」

と不安に思っているのではないでしょうか。

WEBライターは、全くの未経験でも、稼げる仕事といえます。

私自身も、未経験から始めましたが、3ヶ月目にして毎月収入を得ています。

質の良い記事を提供できれば、安定した収入源にするのも可能でしょう。

この記事では、ライターの仕事を3ヶ月続けてきた、新米ライターの筆者が、以下の5点をご紹介します。

  1. 将来性のあるライターの特徴
  2. Webライターが挫折しがちな壁
  3. Webライターとして稼ぐコツ
  4. Webライターの実態
  5. Webライターの経験が活きるキャリア

WEBライターの今後を理解して、新たな収入源とスキルを手に入れるチャンスにしませんか?

30秒でわかる! まとめ

WEBライターにおすすめのサービス3つ

Udemy

Udemy

ライター講座受けてインプットから始めたい人向け

ITPROPARTNERS

ITプロパートナーズ

フリーランスライターとして高額案件を獲得したい人向け

Workship

副業としてライター・編集者案件を獲得していきたい人向け

この記事のまとめ
  1. 専門性・権威性・信頼性のある記事が書けるライターには将来性がある
  2. 初心者の段階では、とにかく書いて経験を積むのが大切。経験>給与。
  3. WEBライターとして培った幅広いスキルは他のキャリアにも活かせる

1.〇〇ができるWEBライターには将来性がある

webライター 将来性

コーディングなど、特別なスキルを身に付けなくても手軽に始められるWEBライター。

AIの発展や、ライター人口の急激な増加により、

将来性のある仕事なのか不安に思うのではないでしょうか。

結論、「専門性」「権威性」「信頼性」のあるコンテンツが書ければ、

ライターとして安定した収入を得られる可能性が高いです。

つまり、以下の3つを達成するコンテンツを書ければ、Webライターとしての活躍が可能。

①特定の分野に詳しい人が

②利用者からの評価が高いWebサイトで

③信憑性のある情報を提供する

なぜこの3つの条件を満たすライターには将来性があるのでしょうか。

理由は以下の2つです。

この3つの性質は、Google検索機能で高く評価されるための条件です。

3つそれぞれの頭文字からEATと呼びます。

Expertise・・・専門性

Authoritativeness・・・権威性

Trustworthiness・・・信頼性

あなたの記事のEATが高く評価されると、検索において上位表示され、より多くの人が読む有益な記事になります。

1-1.AIに代替されない良質なコンテンツを書けるから

「WEBライターの仕事はいずれAIに奪われるのではないか」

この疑問は、半分正解で半分不正解と言えるでしょう。

アメリカのシリコンバレーでAIの事業導入に携わる石角友愛さんは自身の著書でこのように述べているそうです。

人間が得意とする行為。ここには、指揮をとること、共感すること、そして判断することが挙げられている。

コンピュータが得意とする行為。繰り返すこと、処理すること、予測することなどだ。

人とコンピュータ(AI)が協働することでビジネスのパフォーマンスが上がる「コア領域」

そこには、教えること、説明すること、対話することのほか、拡大すること、具体的に表現したり肉体化することなどが含まれる。

多くの企業は、この中央のコア領域でまだAIを活用しきれていないと感じる。

「いまこそ知りたいAIビジネス」石角友愛著

WEBライティングは、文章を通じて情報を教え・説明することであり、3つ目のコア領域に含まれます。

つまり、人間とAIが協働してパフォーマンスが上がる仕事です。

AIは実際に文章を書く前の、「読み手が必要とする情報の把握を行うツール」になりえます。

しかし、仮にAIが文章を作成できるようになったとしても、

AI自体は特定分野における「専門性」「権威性」「信頼性」を持っていません。

これらの3つの条件は生身の人間だからこそ生み出せる条件です。

したがって、AIが作成した文章とあなたの文章を大きく差別化させるために、

「専門性」「権威性」「信頼性」の高い記事を書くのがおすすめです。

1-2.継続案件によって安定した収入を手に入れやすくなるから

「ライター人口が増えれば、数少ないライターが仕事を独占する状態になるんじゃないの?」

そう考えているあなたにも、WEBライターになるチャンスは残っています。

なぜなら、質の高い記事が書けるWEBライターは、圧倒的に少ないから。

実際に記事の発注を行うwebディレクターに聞き込みを行なったところ、

応募してきた8.5割以上のライターは質の低い記事を提供する傾向にあるそうです。

質の低い記事を提供するライターの特徴は主に3つ。

  1. 副業で行なっている為、ライター業務の優先順位が低く、対応が雑
  2. 文章が書ければ誰でも応募できるため、マナーや礼儀が不適切になりがち
  3. ライティングに必要な知識やスキルが習得できていない

このような、ダメライターが多い中で、質の高い記事を書けると、継続案件をもらえる可能性があります

継続案件は、安定した収入源にもなります。

つまり、将来的にWEBライターの仕事を続けたいなら、継続案件の確保は必須。

現役ライターの間でも、「1つの記事を書いたところ、依頼主から気に入られて、継続的に案件がもらえた話」をよく聞きます。

継続して案件がもらえるWEBライターは「仕事がデキる=質の高い記事が書ける」。

言い換えると、「質の高い記事=専門性・権威性・信頼性の高い記事」が書けるライターには、将来性があります。

周りのありふれたWEBライターの記事とあなたの記事を差別化して、

安定した収入を手に入れるためにも、

「専門性」「権威性」「信頼性」の高い記事を書くよう心がけましょう。

新規受講生キャンペーン中!

2.WEBライターが挫折しがちな2つの壁

とはいえ、WEBライターになるのを諦めた人も多くいるのでは?」

WEBライターを始めて、挫折する人は多いです。

手軽に始めやすいにも関わらず、なぜ辞めてしまう人が多いのでしょうか。

挫折の理由は主に2つ考えられます。

2-1.初心者にとって案件をもらうのが難しい

webライター 採用

案件の発注者は、ライターの「ポートフォリオ」を元に「誰に記事を書いてもらうか」を決めます。

ライターの選定において、発注者は経験のあるライターを選ぶ傾向にあります。

そして、ここで選ばれなかったライターが挫折してしまうのです。

「未経験がネックになるなら、WEBライターになれないのでは…?」

未経験のあなたでもWEBライターになれる秘訣は2つあります。

  1. 文字単価の安い案件に応募する
  2. 魅力的なポートフォリオを作成する

1つ目に、単価の安い案件は、比較的応募数が少なくなります。

最初のうちは、単価の安い案件でポートフォリオに載せれるような経験を積むのが重要です。

2つ目に、ポートフォリオの作成にはコツがあります。

このコツを知るだけで、仕事をもらえる可能性がグッと上がります。

こちらの記事で書き方が解説されているので、参考にして作成してみませんか?

2-2.身につけるべきスキルが明確ではない

webライター スキル

プログラマーには、プログラミング言語の習得が必須。

Webデザイナーも、PhotoshopやWordpressなどの習得が必須です。

一方、Webライターは上記の職業とは違い、習得すべきスキルが明確ではありません。

そのため、何から勉強して良いかわからず、結局辞めてしまう人もいます。

WEBライターは3つの分野で能力を伸ばさなければなりません。

  1. マーケティング
  2. SEO対策
  3. 文章術・コピーライティング

分野が幅広く、習得度が不明確になりがちなWEBライターの勉強。

挫折しそうで不安な方は、Udemyで動画をみて、WEBライターに必要なスキルを身につけるのがおすすめです。

新規受講生キャンペーン中!

3.WEBライターとして簡単に稼ぐ3つの方法

webライター 稼げる

「つまり、質の良い記事が書ければ、WEBライターとして稼げるのね!」

そう納得して頂いたあなたに、さらに稼げるようになる3つの方法をご紹介します。

3-1.スキルを磨く勉強をする

上記で述べたように、

「マーケティング」「SEO対策」「文章術・コピーライティング」はWEBライティングに欠かせない必須のスキルです。

本やYoutubeから独学で学ぶのも良いですが、範囲が広すぎて挫折してしまう可能性が高いのが現状。

そこでおすすめなのが、WEBライティング講座の受講です。

初心者でも挫折しないように、レベルに合わせて適切な学習内容を提供してくれます。

新規受講生キャンペーン中!

3-2.自分の強みを把握する

webライター 強み

記事に権威性を持たせるには、あなたの強みを最大限に活かす必要があります。

あなたが、誰よりも好き・熱中していると言えるトピックは何ですか?

「英語はかなり勉強してきたから、ためになる話ができるかも」

「スポーツ観戦は月3で行ってるから、誰よりも語れる!」

上記の例とは違うはっきりしていない特徴でも、意外と記事に権威性を持たせられます。

例えば、バイト経験や、綺麗好きな性格など。

自分の強みをポートフォリオでアピールできれば、

他のライターを差し置いて、案件を手に入れられるかもしれません。

あなたのWEBライターとしての将来性を確実にする為に、自分の強みを把握しましょう。

3-3.オンラインでのコミュニケーション能力を高める

webライター コミュニケーション

記事の発注を行うwebディレクターに聞き込みを行なったところ、

8.5割のライターはオンラインでのコミュニケーション能力に欠けているそう。

「実際にライターとして仕事を始めないと、コミュニケーション能力なんて伸ばせなくない?」

実は、日常生活の中でオンラインでのコミュニケーション能力を高めるのは可能。

あなたは日頃、LINEを未読のまま放置したり、E-mailの作成を雑に行なっていませんか?

「オンラインであっても、常に早めの返信や対応を心がける。」

これだけで、あなたのコミュニケーション能力は高まり、継続案件をもらえるチャンスは増えます。

WEBライターとして安定した収入を手に入れる為に、日頃から心がけましょう。

4.現役ライターが語るWEBライターの実態

私は、3ヶ月間副業として記事を書いてきた、webライター初心者です。

実際に働いてみたからこそわかる、ライターの実態を暴露します。

  1. 初心者ライターの文字単価は安い
  2. 得意分野を活かす記事から書き始めるのがおすすめ
  3. 日々勉強が欠かせない

4-1.初心者ライターの文字単価は安い

webライター 文字単価

初心者でも得られる案件の文字単価は安いです。

私も最初は、文字単価0.1円で記事を執筆してきました。

この段階で、「稼げないからやめちゃおう!」と、諦めるのではなく、

「独立するための修行期間だ。とにかくより良い記事を書けるように頑張ろう」

と、前向きに記事を書くよう心がけるのが、WEBライターとしてキャリアを築くコツです。

最近では、文字単価1円で記事執筆ができるようにもなってきたので、個人的には、webライターの仕事に将来性を感じています。

4-2.得意分野を活かす記事から書き始めるのがおすすめ

webライター 得意分野

私は、学生時代に真面目に英語学習に取り組み、留学を経験しました。

そこで、最初の案件では、英語学習や留学に関連した記事を中心に、執筆しました。

実際に、権威性と信憑性が高い記事を執筆できたようで、発注者にも非常に気に入っていただけました。

好きな分野で記事を執筆すると、精神的な負担も少ないので、初心者には取り組みやすいでしょう。

4-3.日々勉強が欠かせない

WEBライターは、プログラマーやWEBデザイナーに比べて日々の勉強が欠かせません。

理由は主に2つ

  1. Googleの検索機能が高頻度でアップデートするため、常に変更点を把握する必要がある
  2. 読者が知らない情報を含む記事を作成する為に、常に流行にアンテナを張る必要がある

常に変化する世の中に対応して、働く必要があるのがWEBライター。

「流行に敏感な人・新しい情報に抵抗がない人が続けられる」と言えるでしょう。

新規受講生キャンペーン中!

5.WEBライター経験を将来に活かすキャリア2選

webライター キャリア

「WEBライターとして稼いだ経験って将来に活きるの?」

結論、webライターの業務は幅広いスキルが身につく為、ライターの経験は色々なキャリアに活かせます。

その中でも、ライターのスキルを直接的に活かせるキャリアを2つ厳選して紹介します。

WEBライター経験を将来に活かすキャリア2選

5-1.WEBディレクター

WEBディレクターは、ウェブサイトにおけるコンテンツ作成の取りまとめを行う仕事。

職務内容は主に4つあります。

  1. プロジェクトに必要なメンバーの選定
  2. スケジュール管理
  3. コンテンツの方向性の選定と管理
  4. プロジェクトメンバーとクライアントの仲介役

webライターを通して培った3つのスキルが活かせるでしょう。

WEBディレクターに活きる3つのスキル
  1. 発注者とコミュニケーションをとる力
  2. 文章を作成する力
  3. 内容の企画力

5-2.WEBマーケター

WEBマーケターは、SNSやネット上で、特定の商材が必要とする人の元へ届くように広告の運用・管理を行う仕事。

職務内容は主に3つあります。

  1. 商材紹介コンテンツの企画
  2. SEOなどのデータ分析
  3. Webサイト・SNSの運用

webライターを通して培った3つのスキルが活かせるでしょう。

WEBマーケターに活きる3つのスキル
  1. SEO分析をもとに、需要を把握する力
  2. 商材を紹介する方法の企画力
  3. トレンドを常に学び続ける力

まとめ:WEBライターに将来性はある!

30秒でわかる! まとめ

WEBライターに興味ある人におすすめのサービス3つ

Udemy

Udemy

ライター講座受けてインプットから始めたい人向け

ITPROPARTNERS

ITプロパートナーズ

フリーランスライターとして高額案件を獲得したい人向け

Workship

副業としてライター・編集者案件を獲得していきたい人向け

この記事のまとめ
  1. 専門性・権威性・信頼性のある記事が書けるライターには将来性がある
  2. 初心者の段階では、とにかく書いて経験を積むのが大切。経験>給与。
  3. WEBライターとして培った幅広いスキルは他のキャリアにも活かせる

「簡単に始められるのはわかるけど、本当に私にもできる?」

新しいことに挑戦するのに、不安はつきもの。

特に、WEBライターのようなフリーランスの仕事であれば余計心配になるでしょう。

私自身、WEBライターの業務を通して、たくさんのスキルを身につけました。

とりわけ、オンラインでのコミュニケーション能力は、将来的に他のどの職種でも、役に立つスキルだと考えます。

特定のソフトウェアや言語を使うスキルが身につくプログラマーや、WEBデザイナーに比べて、WEBライターは他のキャリアにも活きる幅広いスキルを身につけられます。

身につけられるスキルは主に4つ

  1. 発注者とコミュニケーションをとる力
  2. 人を惹きつける文章を作成する力
  3. SEO分析をもとに、需要を把握する力
  4. トレンドを常に学び続ける力

例え、思ったより稼げなくても、経験から得られるスキルは、財産より大きいはず。

まだ、質の高い記事を書くライターが少ないうちに、始めてみてはいかがでしょうか。

WEBライターとして良いスタートを切るためには、ライター講座の受講がおすすめ。

Udemyでは、動画を見るだけでWEBライターに必要な基礎が身につきます。

ライターとしての将来を確実にするためにも、受講してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。