フリーランスの攻略本

働きたくないけどお金は欲しい人が取るべき行動を6つのタイプ別で解説

「働きたくない!出社したくない!でも自立するための生活費が足りない!」

「これ以上働くことに意義が見いだせない。もう仕事辞めたい。」

この記事を読んでいるあなたはそう感じているのではないのでしょうか?

つまらないことを朝から毎日8時間もやって、職場関係に疲れて、家に帰る頃にはもうヘトヘト。なのに給料は少ない。それじゃあ仕事をやめたくなるのも当然ですよね。

「でも仕事をやめて会社に行かなくて生活費稼げるの?」

「仕事しないで成功している人なんてごく僅かでしょ?」

会社行かなくたって稼げます。誰でも。

30秒でわかるこの記事の内容3行
  1. 会社行かなくたって稼げます。だって特殊なことは必要じゃないから。
  2. 性格別おすすめ稼ぎ方表を参考に自分にあう稼ぎ方を決めよう。
  3. 継続こそ力なり。まずは初めてみて、何ヶ月か続けよう!

1,なんで会社に行かなくても誰でも稼げるのか(キーワードを入れる)

誰でもできる理由3つ
  1. 特殊スキルを要求しているわけではないから。
  2. 元手資本をそこまで要求されないから
  3. やる気さえあればすぐ始められるから

   

1, 特殊スキルを要求しているわけではないから。

「会社に行かないで稼げるってことは要求されるレベルが高くって、スキルも学歴もたかい水準が必要なんでしょ?私には無理じゃない?」

それは誤解です。

2, 元手資本をそこまで要求されないから

「元手資本があるから大きく稼ぐための手段とか道具を用意できるんでしょ?貯金はないから無理なのでは?」

3, やる気さえあればすぐに始められるから

「準備期間が長いとだんだんやる気を失っていく私でもできる?」

そんなあなただからこそ「働かない稼ぎ方」を一回試してほしいんです。

「すぐさま試せること」が働かない稼ぎ方にはいっぱい。

2,働かなくてもお金を稼ぐ方法

では実際にどんな職業があるのか、代表的なものを数種類紹介しますね。

1.クラウドソーシング【好きな時間・場所でできるお仕事を簡単受注】

クラウドソーシングとは、不特定多数の人に発注された仕事の中から好きな仕事を一つ選んで請け負う仕事のスタイルです。

メリットは「自分で好きな仕事ができること」「仕事時間を自分で決められること」

自身で仕事を請け負うので好きでもない単純作業はしなくて良い上に、業務時間を決まっていないので好きな時間に仕事ができます。

「毎日定時に命じられた仕事をするのは嫌だなあ…」と感じている上でなにか趣味・スキルが有るならとてもおすすめな職業です。

デメリットは「自身でスケジュール管理をしないといけないこと」と「自身で自身のスキルの値段を考える必要がある」という点。

業務時間・労働時間が決まってない分「気乗りしないからちょっと休もうかな…」とダラダラしているうちに納期が迫ってくることも。ちゃんと納期を確認して計画的に仕事をしましょう。

ネット上で仕事を請け負う際は、予算が決まっていることもあれば自身で提供する商品に値段を付ける必要があることもあります!予算が決まっていても、ちゃんと確認しないと相場から大きくハズレた格安値段で作品を買われてしまうことも…。

ちゃんと今月はいくら稼ぎたいのかを明確にして一作品いくらなら請け負うのか基準は明確にしておきましょう!

クラウドソーシングのまとめ
  • 不特定多数の人に発注された仕事のなかから好きなものに応募する。
  • 自分で仕事内容・仕事場所・時間を自由に決められる。
  • デメリットは「自身でのスケジュール管理」と「自身の仕事に自分で価値を付ける必要がある」こと

2.Youtuber・ストリーマー【好きなことを自由に発信】

Youtuber・ストリーマーのメリットは「好きなこと、好きなだけ」を体現している点と成果が出たときのリターンが大きい点です。

仕事の進捗に関わらず、やりたいときにやりたいだけやればいいので本当に自由なお仕事です。他の仕事と違ってやらなかったとして他人に迷惑をかけるわけでもないのも良い点。

動画配信サイトなどであれば見られれば見られた分だけ給料がはいってくるので視聴者数さえ取れればかかった時間に対してのお給料はとても高いです。

問題点は「成果が出るまでに時間がかかる」こと、「成果が安定しない」ことです。ストリーマー・ライバー系はなかなか視聴者数が3桁を超えないなんてこともしばしば…。「自身の趣味・専門性は世界でも有数のものだと思います!」と自信を持って言える方以外は忍耐が必要な仕事です。でも「副職しながら数ヶ月耐え忍ぶことになっても頑張れる!」というひとならチャレンジするべきです。

収益に関してですが、Youtubeの場合、登録者数が4桁になること、総再生時間が過去一年で4000時間を突破している事が収益化の条件です。だいたい登録者数1万人突破で専業として十分な収入になり、登録者数4桁だと副業程度の収入になるようです。(Youtubeはジャンルごとの収益性がきっぱり違うので取り組もうと思った人は十分チェックしてください。)

参考:https://izuka-effects.com/youtube10000-income/

ライバーを目指すのであればライブアプリによっても異なりますが、投げ銭によって基本の収益を建てることになります。(一部配信時間により収益をもらえるものもありますが。)

収益化が基本最初から可能な所も多いので最初からガンガン稼いでいる実感がほしいのならライブアプリからはじめてはどうでしょうか。

Youtuber・ストリーマーのまとめ
  • メリットは納期もないので「好きなこと好きなだけ」が体現できちゃうところ。
  • デメリットは「なかなか成果は出ない」「成果が安定しない」ところ。
  • 収益化条件は配信方法・配信媒体で違うのでしっかり確認を。

3.短期間住み込みアルバイト【短期間頑張ってガッチリ稼ぐ】

短期間住み込みアルバイトの利点はズバリ「短期間かつ元資本なしですぐに稼げる」事!

特に学歴や経験の積み重ねはいりません。

「すぐに、経験もスキルもないけどお金が必要なんです!」という人ならこの仕事が一番あっています!アルバイトなので仕事の責任は低いです。

欠点は「一日の拘束時間は長め」かつ「同じ仕事の繰り返しになりやすい」こと。「結構飽き性で、忍耐力はあんまりないです…。」という人にはちょっと向いてないかもしれません。

短期間住み込みアルバイトのまとめ
  • 短期間住み込みバイトは資本なしですぐに稼げる
  • 学歴や豊富な経験は関係ない
  • 忍耐力がない人には厳しい

4.アフィリエイト記事・ブロガー【人と会話する必要なし!一人でモクモク】

メリットは「会話スキルがなくても大丈夫」な点、「時間・場所を問わずに仕事ができる」点です。「ちょっと仕事で誰かと話すのって苦痛なんだよなあ…」という人、「〇〇しながらお金を稼ぎたい!」という人にはぴったりです。

スキルがなくても始めやすいのも利点です!もし「仕事辞めたい・やりたくないけどそれじゃ生きていけないでしょ…」と感じている人は現在やっている仕事の合間に数ヶ月やってみてうまくいきそうか試してみてはどうでしょうか。

デメリットは何らかの分野の専門家でない限り、すぐにうまくはいかないこと。医療系など専門性のある記事をかける人は高給が取りやすいですが、そうでない限り競合のライターが多いです。経験がなくてもできる仕事ですが、初任給には期待しないでおきましょう。

また、ブログなどはどうしても長期継続が重要な要素です。継続して発信することはブログの認知度をあげるためだけではなく、検索エンジンで上位表示を達成するにも重要な要素なんです…。ですのでとにかく粘り強く頑張ることが一番重要です。

もし未経験で収入を安定させたい場合には、クラウドソーシングでもライティングのお仕事があるのでそちらからはじめてみるのはいかがでしょうか。

アフィリエイト記事・ブロガーのまとめ
  • メリットは「人と会話する必要性が断然減ること」と「スキルが全くなしで開始できる」こと
  • デメリットは「はじめからガンガン稼ぐことは難しい」こと
  • まずは副業としてやってみるのがおすすめ

5.投資家【ちょっとの元手資本を倍々ゲーム】

この職業は「最短で楽にお金を稼ぎたい」を体現した職業の一つです。

先にデメリットから言わせてもらうと、「損が出ることがある」「専門知識をある程度身につける必要がある」ことです。正直に言わせてもらうと「新聞の金融面を理解できるレベルまで努力して知識を身に着けられるか」は一つこの職業をやって見るにあたって重要な分かれ道です。

また、投資なので損をすることだってあります。損をしたときに冷静に割り切ることができるか、この点も投資家として成功したいなら重要でしょう。もしあなたが「負けても次は、次こそは!」という思考の持ち主ならちょっと投資家については再考してくださいね。

でも、メリットは大きく「短期で簡単にリターンが出る点」です。努力量・かけた時間の量に対して最も高いリターンが出るのは確実に投資家でしょう。

ここで軽く投資家について説明します。

まず、かかる時間を見てみると「長期投資」「短期投資」タイプがあります。

「長期投資」には不動産投資、配当目当ての株式投資などがあります。こちらはリスクが低い分、リターンも小さいため十分な利益がほしいなら大量の資本が必要です。

一方「短期投資」であればFX、仮想通貨などが挙げられます。もしハイスピード・ハイリターンで成果がほしいならこちらをおすすめします。

投資家のまとめ
  • メリットは「最速で簡単にリターンが出しやすい」点
  • デメリットは「損を出すことがある」ことと「ある程度知識がないとできない」点
  • かけられる時間・元手に応じて最適な投資法を考えよう。

3,性格・欠点別6つ!おすすめのお金の稼ぎ方

0,まずはチャートで自分のタイプを知ろう!

社交性がそれなりにあって一定時間の拘束も大丈夫なあなたなら、おすすめは住み込みバイトです。食費・住居代が稼げてすぐお金が貯まります。

住み込みバイトで特におすすめなのはリゾートバイトと期間工です。

リゾートバイト

リゾートバイトとは、遊園地や旅館で働くお仕事。その立地・性質上、住み込みのところが多いです。

リゾートバイトは基本、リゾートバイト専門のバイト応募サイトからの申込みになります。

リゾートバイトのメリットは2つ。「友人が作れる」ことと、「好みの労働条件で働ける」こと

リゾートバイト派遣会社は面接などで志望する職場の条件を色々確認してくれるところが多く、自分好みの条件で働きやすいのがポイント。残業が嫌なら派遣会社の面接時に伝えれば残業が回避できます。

リゾートバイトで最も多い職種はレストランのホールや旅館の仲居、アトラクションスタッフなどコミュニケーション能力が要求されます。

期間工

期間工は大手会社が募集をかけているのに加えて正社員登用チャンスがあるのが特徴

報酬の持ち逃げ、不当な減額も大手会社の募集なので安心ですね。

また正社員登用チャンスがあるので「ここなら正社員でもやっていけそうだし安定した収入がそろそろ欲しいなぁ」と思ったときに正社員になることも夢ではありません。

期間工の募集はほとんどが派遣会社や専門サイトに来ます。そのため、もし期間工になることを専門的に考えるのであれば、派遣サイトの登録から始めましょう。(詳しい期間工のなり方について

仕事内容は基本的に組み立てです。ですが、細かい部品の組み立てなど体力がそこまで多くなくても大丈夫な場合も多いです。

期間工とリゾートバイトの比較表
期間工リゾートバイト
応募方法
収入
メリット
仕事内容
参考サイト

「朝起きられないし、自宅から出たくない!」

「自由な時間が欲しいのだけど会社づとめじゃ全然時間が足りないです。」

そんなあなたなら、テレワークをフル活用した出社しない働き方がおすすめ。

探し方はとっても簡単。2つの方法があります。

1つ目はindeedなどの求職サイトで「完全在宅」で調べることです。

indeedで筆者が「完全在宅週休二日制」で調べただけでも、「年収500万+」の案件が32633件もありました。

2つ目はクラウドソーシングを利用することです。

特におすすめなものを3つ、紹介しますね。

1つ目はオンライン講師。ジャンルは何でも良いのですが、「ある程度需要があるか」「初心者に対してわかりやすく説明できるか」この2点はきっちり考えましょう。

2つ目はWeb関係の仕事。そもそもWeb上のことなのでわざわざ出社するメリットが少ないから自宅でできるお仕事も多いんです。時給もそれなりなので興味のある人は是非チャレンジをしてみてください。

3つ目はなんと、営業。「えっ、営業!?」と思うかもしれませんが、マニュアルに沿って電話やメールを送る仕事なのでオンラインでもできちゃうんです。成果に合わせて報酬が増えるところもあるのでやりがいもありますね。

「えっと、人と話すこと自体がそもそも億劫で、人と話さなくてもできる仕事ありませんか?」

あなたにはそもそも人と話す機会が少ないか会話内容がパターン化された仕事がおすすめ。

特におすすめの職業は司書・翻訳家・記事代行。この3つはほとんど人との会話が必要ありません。

まずひとつ目の司書ですが、資格が必要になります。この資格は通信教育でも取れますし、他には大学の長期夏休みに大学によっては講座があり、そこで取れることも。ただ、結構応募者倍率が高い上、公務員資格が必要になる職場が多いです。

2つ目の翻訳家は何かしらの言語に精通している人なら結構ありなお仕事です。

どうやって仕事を受けるかといえばクラウドソーシングサイトでの応募や、派遣会社に登録して単発」で仕事を受けることになります。

英語以外の言語だと競合がいないのか英語に比べ単価が高い事が多いです。

3つ目の記事代行ですが、基礎知識なしでも始められるので上2つに比べれば始めやすく、仕事も多いのがポイント。担当者との会話も納期・記事内容に関しての打ち合わせくらいです。

ただ、誰でも始められるということは競争相手も多いし、最初は単価が低いです。作業に慣れるまでは一個一個の作業にも時間がかかるでしょう。なので始めたての頃は収入が思うように入りません。専業にする前に一旦副業としてチャレンジするという過程を挟むことをおすすめします。

「もう今後は絶対に、ぜえっったいに仕事しない!ニート上等!あっ、でも金ないです。」

そんなあなた、今ちょっと頑張って本当に仕事しなくていい体制を作ってみませんか。

「どうやってそんな体制を作れるの?作れても難しいんでしょ?」

そんな事ないんです。

1つ目に挙げられるのはアフィリエイトサイトの運営。

2つ目に挙げられるのは投資。

アフィリエイトサイトの運営に関してですが、まず継続が大事です。一週間、一ヶ月じゃそんなにサイトの訪問者ってなかなか増えないです。だから成果がなくても努力できるかが結構大事。また、閲覧者を増やすためにはグーグルがどのようにサイトにランク付けをして表示しているのかを学ぶことも必須。意外とサイト構築以外にも学ぶことがたくさんあります。

でも、ここさえ乗り切れば毎月安定した所得がなんにもしてないのに入るようになりますよ。

投資に関してですが、まずは仮想通貨などの短期投資でガッツリ初期資本を作っちゃいましょう。その後、その初期資本で長期投資に切り替え、ゆったりと安全に資本を増やしていけば、不労所得の出来上がり。初期資本を作り上げるまでが大変ですが、作り上げた後は長期投資に切り替えてよし、スキルを有料で売ってもよしととっても楽な資本形成ができます。

「人間関係で色々あってもう会社は嫌。でも誰かとつながってたいし会話するのは嫌いじゃないな」というあなたなら配信業を考えてみてもいいかも。

配信業をやるのなら考えられるのは

「Youtubeで勝負」か、

中規模の配信アプリで先駆者になる」という2つです。

最初にズバリ言ってしまうと

前者は「好きなことをとことん突き詰めたい人、深い内容をわかりやすく話せる人」向けです。

後者は「若者向けのコンテンツを作りたい人、挑戦心溢れる人」向けです。

まず前者、Youtubeの話からします。

ここは結構競争相手が多く、新規参入で這い上がるには特殊ななにかを持っていることが必須。

「ただ喋ってゲームして…」じゃ結構厳しい世界。だからできるだけ多くの人ができる「ただの雑談枠やゲーム枠」だと視聴率が伸び悩みやすいんです。

「じゃあ何を動画・配信にすればよいの?」

ずばり、趣味です。もし何か一つやり込んでいることがあるならその内容について動画にしてみてください。やりこみ度が高ければ高いほど競合も少なくなって一歩抜きん出ることができます。動画を作るときは「まず自分の作ろうとするジャンルでどのくらい再生数が稼げるのか」「どれだけ自分の作った動画が見栄えするか」を考えてみると良いと思います。

では後者、ライブ配信アプリについて話していきます。

ライブ配信アプリは、アプリによって結構異なりますが基本的に若年層(10代から20代)がメインの視聴者層になります。また、配信内容としては雑談が多いようです。(他には歌配信、ゲーム配信などでしょうか)

ライブ配信をおすすめするのは専門的なスキルとかにあまり自身のない人、まったり雑談がしたいひと向けです。

このタイプになったあなた、申し訳ありませんがちょっと考え直しが必要です。

「スキルもないし、働きたくないけど、絶対にパートナーはほしいしある程度の社会的地位もほしいなぁ。」

考えられる確実な選択は「玉の輿」くらいなんですよね、実を言うと。(これに関しては結構な努力ともって生まれた才能や外見がいるうえで性格も求められるという最難関)

他の働かない稼ぎ方は結構収入がなかなか安定しないこともあって社会的に「パートナーにしていいぐらいしっかりしている人」と思われるにはちょっと厳しいものが多いのです。

もし「パートナーが欲しい」という将来的な考えがあるのなら、

専門性を磨いてフリーランスとしてやっていけるレベルになるか、

(アフィリエイト)サイト運営者・投資家・配信者として安定した高成果を叩き出し続けるか、

「働かない」をあきらめ会社づとめをする

という選択肢が考えられます。どの選択肢がいいのか、自分が最も重視する条件に合わせてもう一度考えてみてください。

「会社・大学で専門的なことはやっていたけど会社づとめは疲れるし嫌だなぁ…」というあなた、クラウドソーシングをはじめて見るのはどうでしょうか。

「クラウドソーシングって単価低そう…。ほんとに稼げるの?」

安心してください!普通に稼げます。ランサーズという有名クラウドソーシングサイトでは大体の相場が表示されているのですが、なんとエクセルの表・グラフ作成(30000~50000円)やパワポの表(10枚あたり30000~100000円)を作るだけでガッチリ稼げてしまうんです。

参考:仕事の種類・参考価格 | ランサーズ

自分で受けたい仕事だけ受ければ良いのでやりたくもない雑務の心配も専門職の案件なら心配なし。やりたい仕事、得意なことだけを仕事にする生活を目指してみませんか。

「でも実際どこのクラウドソーシングサイト使えばいいの?」

基本的には大手のサイトがおすすめです。①案件が多い②個人情報の安全性の2点理由があります。

以下の2サイトは大手かつ個人情報保護もしっかりしているのでおすすめです。

①ランサーズ

ランサーズの特色は

今すぐランサーズに無料登録!

②クラウドワークス

今すぐクラウドワークスに無料登録!

4,お金を稼ぐために必要な心構え2つ

生活費以外の稼ぐ理由をみつけよう

まず、最初にお伝えしたいのは仕事をする理由が「生活費を稼ぐ」ことだけにならないようにしましょう。

「生活費を稼ぐために仕事をする」だけだと、仕事が趣味を兼ねてない限りいつかやめたくなってしまう日が来てしまうかも。

だってお金を稼いだ先にはなにもないんですもん、それじゃ。目的を達成したところでなんの感慨もわかないなんて、過程が苦でしかないですよね…。

「推し活代にしたい!」とか、「〇〇っていうゲームを買いたい!」とかそんな感じでも構いません。何か趣味など他のやりたいこと・楽しみの資金源にするという意識でお金をかせぎましょう。

どんな職業でもある程度の努力・継続は必須

次に伝えたいのは「誰でもできるけど働かないで稼ぐってことにはそれなりの継続と努力がいります!」ということ。

「働かない=ニートみたいな完全ぐーたら生活」ではないということ、ここを間違えないでください。

ここから何種類か職業を紹介させていただきますが、その多くが継続によって信頼を得ることが重要になったり、努力で最低限の専門性を身に着けていただくことが必要になることもあります。

専門性について具体例としてYoutuberをあげますね。

Youtubeで動画を作成するとなるとだいたい「①ネタを考える ②撮影・録音 ③編集 ④投稿」という流れになるかと思います。

②撮影・録音の過程では「どうすればきれいに写真が取れるか、どういった話し方なら聞き取りやすいか」といったことに対して知識が必要になりますね。

③編集の過程でも最低限動画編集アプリを使いこなせる必要がありますし、そもそも①ネタを考える時点で「自分はどんな顧客層に動画を提供して、どんな満足を与えるのか」というちょっとしたマーケティングの知識が必要になります。

「えっ!?ぐーたらしたいから働きたくないんだけど!?どういうこと…。

気持ちはわかります。でも事実働かないにしてもある程度の努力がいるんです。ここは会社で働くのと同じ。

ただ、ストレスはぐっと減るし、早期リタイアできる職業、勝手に資産が入ってくるようになるお仕事もいっぱい。

だから、今ちょっと頑張って将来全力でぐーたら生活を満喫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。