いつもコワーキングスペースSHINCRUをご利用いただきありがとうございます、運営の岡田大誠です。

以前よりお知らせしたとおり、コワーキングスペースSHINCRUの名称を令和元年6月1日より変更します。

コワーキングスペースSHINCRU(シンクル)

新しい名称は、コワーキングスペースSHINCRU(シンクル)です。ブランドロゴも上記のものに変更します。

令和元年6月1日より変更となります。

WebサイトのURLもhttps://www.shincru.jp/に変更されます。
メールアドレスもinfo@shincru.jpに変更となりますので、よろしくお願い致します。

営業時間等の変更はこれまで通り変更はありません。

なぜ名称を変えるのか?

これまでの「コワーキングスペースSHINCRU」の名称に馴染みがある方が多いと思いますが、これまでの名称を使い続けると様々な問題がありました。

現在のコンセプトとの大きな相違

これまで、コワーキングスペースSHINCRUとして親しまれてきましたが、これまでは「手作り感」「女子感」「文化祭」のコンセプトでした。

もちろん、これらのコンセプトはとても素敵だと思いますが、これからこの場所とコミュニティが向かっていくコンセプトとは現在大きな相違があります。

これから、このコワーキングスペースをどんな場所にしたいかと考えたとき、これまでの「手作り感」「女子感」のコンセプトとは全く別のコンセプトの人達に利用してほしいと感じており、これからの方向に対して、名前とロゴが重荷になっているという問題がありました。

名前に込められた想いの違和感

「SHINCRU」という名称は、どのような想いが込められているでしょうか?

もちろん、枚方のいろいろな人達が集まる場所という意味合いがありますが、それ以上の意味合いや理念がどうしても薄いため、繰り返し呼ばれる名称だからこそ、これまでよりももっと名称に込める想いや由来はきっちり意味合いを載せたいと感じていました。

枚方つーしんさんとの事業の混同

ご存知のかたも多いと思いますが、2018年の9月まで、この場所は枚方つーしんさんが運営をしておりました。

翌月の10月から、私WEBDAデザインがコワーキングスペース事業を引き継いだのですが、やはり「SHINCRU」という「ひらつー」さんとよく似た名称で運営しているため、まだ枚方つーしんさんが運営されているという認知が残っています。

それによって、コワーキングスペースへの連絡が枚方つーしんさんへ行ってしまったり、逆のケースもあったりなど、別々の運営元の別の事業のはずが、名称が似ているためどうしても混同されてしまうという問題がありました。

新しいコワーキングスペースSHINCRU(シンクル)という名称に変わることで、この問題も解消されるのではないでしょうか。

現状維持ではなく、もっと素晴らしい場所にしていくために

名称の変更をすると発表したときに何人かから「SHINCRUのこれまでのブランドを捨てるのか!」のようなことを言われましたが、たしかにこれまでの積み上げてきたものを一度ゼロにするというデメリットはあります。

では逆にみなさんに問いますが、運営者も変更になり、コンセプトも過去のものとまったく変わったのに、象徴となるブランドロゴと名称を替えなくていいのでしょうか?

答えはノーです。

このまま新しいものに変えないと、ずっと現状維持が続いてしまいます。
現状維持は、非常に恐ろしくて、緩やかな下降をしているのに気づかないまま、いつのまにかこの場所がどんどん悪くなってしまいます。

そうならないために、現状維持ではなく、もっとこれまでより良い場所にして前に進むために今回の名称変更に踏み切りました。

SHINCRU(シンクル)の由来

これからコワーキングスペースをこのような場所にしていきたいと考えています。

修める場所・学ぶ場所

コワーキングスペースというと、働く人だけの場所ではありません。なにかを学ぶ人、なにかを習得しようとしている人も多く利用されます。

例えばいろいろな勉強会を始め、学生の方や資格取得の場所としても利用いただいています。

枚方市内はもちろんですが、近年落ち着いて勉強できる場所が少なくなってきています。
自宅では様々な事情で集中できなかったり作業に打ち込めない方がおおく、おしゃれなカフェでも最初は心地よいかもしれませんが長時間落ち着いて作業・勉強ができません。

図書館でも時間制限を設けられていることが多く、午前の部と午後の部で仕切られていることもあります。

そんななにかを学ぶ人。身に修めようとしている人を応援する場所にします。

生み出す場所・創り出す場所

コワーキングスペースでは、いろいろなことが日々生まれています。

新しい出会いやコラボレーション、ビジネスのつながりがうまれたり、全然別の業界の別の立場の人が繋がったり、単なるシェアオフィスではこういったコラボレーションは生まれません。

そして、コワーキングスペースを利用している方は、日々いろいろな「創り出す」ことをしている方が多いです。

クリエイター・エンジニア・個人事業主・ライター・ものづくりなど…。

どんな業種でも、みんな何かを創り出しています。

私自身もWebデザイナーとして活動しているため、こういった自分のビジネスやクリエイティブに正面から向き合っている人を応援して、新しいきっかけが生まれる場所にしていきます。

生まれたものが広がる場所

何かを学び、新しいビジネスやコミュニティが生まれても、そこからさらに生まれたものが広がって、大きくなってほしい。

この場を利用する人の活動を広げる手助けになる場所にしたいと考えています。

修め、生まれ、そこから広がる場所。それがコワーキングスペースSHINCRU(シンクル)です。

コンセプト

  • 修める場所・学ぶ場所
  • 生み出す場所・創り出す場所
  • 広がる場所

この3つの機能からコンセプトをデザイナーのセキリョウスケさんと一緒に練りました。

その結果、5つのキーワードを定めました。

Study 学ぶ・修める場所
High 高める・高まる場所
New 新たなる・広がる場所
Creative 生み出す・創り出す場所
Run on 上記4つのサイクルが走り続ける

これらの頭文字をとってSHINCRU(シンクル)とします。

新プランについて

新しい試みとして、新プランを発表します。

オンラインプラン(仮)

※名称は仮のものです。

コワーキングスペースを半年ほど運営して実感したことがあります。

それは、この場所で行われている何気ないことは、発信する価値があるコンテンツだということです。

※例えば看板を描いている様子をライブ配信した動画も、普段はなかなかみれないので価値があるのではないかと思います。

月に数回開催されているセミナーやイベントを主催者の同意のもと動画で記録し、プランの契約会員であれば無制限に閲覧することができます。

遠方でセミナーに参加できない、あとで繰り返し見返したいという方にとって、すごく価値があるのではないでしょうか。

その他、この場所で起こっていることをライブ配信したり、契約会員さんのインタビュー動画をオンラインで閲覧することもできます。

料金:月額3,000円

このプランに加入すると、以下のようなメリットがあります。

  • オンラインコミュニティ(Slack)への参加
  • オンラインでのコミュニティ活動への参加
  • SHINCRUで開催されたセミナーやイベントの動画での閲覧(すべてのイベントではありません)
  • 月1回のドロップイン利用権利付き
  • 弁護士・税理士などのメンター相談チャットへ招待

興味がある方は、こちらのお申込みフォームへ!

オンラインプラン(仮)は、6月頃開始予定です。先行して申し込みしたい方や情報を受け取りたい方はこちらの申込みフォームよりお申し込みください。

随時、こちらからご連絡させていただきます。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

※@ezwebやdocomo.ne.jpなどのキャリアメールはメールがとどかないことがあります。

電話番号 (必須)

※万が一メールアドレスが間違っていた場合にのみ利用します。

あなたの職業や立場 (必須)

お住まいの都道府県 (必須)

自己紹介 (必須)

何かオンラインサロンに入会していますか? (必須)

SHINCRUをどのように知りましたか? (必須)

オンライン会員に求めること

オンライン会員では積極的な活動を支援しています。オンラインでやってみたいことはありますか?

その他備考など

特別キャンペーン

明日4月25日に、公式Twitterアカウントでキャンペーン応募用のツイートを行います。

そのツイートをリツイートするだけで応募完了。

1名 コワーキングスペースSHINCRU(シンクル) レギュラー会員1年分
1名 コワーキングスペースSHINCRU(シンクル) オンライン会員3ヶ月分
2名 Amazonギフト5,000円

※Twitterアカウントがない方は、応募できません。ごめんなさい。

最後に

新しい名称・新しいブランド・新しいプランがいよいよはじまります。

コワーキングスペースSHICRUは令和元年6月1日から新しく始まります。

これからも応援、よろしくお願い致します。

この記事を書いた人

アバター

岡田 大誠

SHINCRUの運営主です。
Webサイトのデザインやマークアップ、マーケティングやサロンなどを運営しております。
SHINCRUをもっと良い空間にするために日々試行錯誤しております。
Webやデザイン・マーケティングでお困りの方はどうぞご連絡ください。